2006年09月29日

シゲルアイタ シゲルコラバ シゲルダンヤバード

 ここのところとんとしていなかった シゲル馬に過度な期待を寄せる(笑)コーナー シゲル軍団2歳馬研究 中京の新馬戦に三頭出走するということで チラッとどんな感じか見ていきましょう


シゲルアイタ 牝
坪憲章厩舎 

父ラストタイクーン
母ローランバルゴ

父ラストタイクーン 
ということで2歳馬では同厩舎のシゲルマルルと同じです
シゲル馬的に見ると 父ラストタイクーンというのは シゲルタイクーンに始まり シゲルゴッドハンド シゲルトリック シゲルガンバレ と数々の
シゲル的活躍馬を送り出しています
そして ここに来て牝馬二頭ということで、 牝馬路線にもいい影響を期待したいところです。(^。^)

母ローランバルゴ
短距離で活躍していた馬みたいですね 
リンク先にありますように タムロチェリーと兄弟みたいです
どちらかと言うと 早い段階での活躍が多いですね・・・

9/21 72.8 54.9 36.7 18.6 坂路
9/20 71.6 54.6 37.1 18.6 坂路
9/19 75.3 56.5 37.7 19.0 坂路
9/18 66.9 51.4 34.7 17.5 坂路



シゲルコラバ

須貝彦三厩舎 3/10日生まれ

父ハンセル       w(゚o゚)w オオー!
母シゲルアマショーグン w(゚o゚)w オオー!

この馬もまた シゲル的王道路線の血統っぽいですね

父ハンセル といえば シゲルビフウ シゲルソコノケなどと
たくさんの シゲル馬の父となっています。今年はシゲルカイノセが
連勝をかざって 父ハンセルのなかの稼ぎ頭になっているようですね
シゲルコラバも頑張って欲しいところです

母シゲルアマショーグン 
これまた シゲル馬的要素が濃いわけなんですが こちらの兄弟からは
勝ち抜け馬は出ていないようです(ToT) 
ここはシゲルコラバにがんばっていただきましょうσ(^^)



シゲルダンヤバード 牝

小野幸治厩舎

父ボストンハーバー
母シゲルシャーロット w(゚o゚)w オオー!


これまた王道的シゲル馬ですね

父ボストンハーバー と言えば今週のシリウスS出走のカフェボストニアン
だったり ダイワバンディットであったりですよね
シゲル馬的にも 現三歳 一勝馬シゲルサンダーアイがいます
この流れでスピードある走りを 見たい感じです

母シゲルシャーロット
驚いたのが 上記シゲルアイタの同父のシゲルタークーン、
シゲルガンバレと 今度は母が同じシゲル馬になるわけですねー
これまた シゲル色が濃いですね(^^ゞ
母方のほうからも 期待が出来そうなシゲル馬です


王道血統対決になってしまいましたが
この三頭いずれはみんな 勝ち上がって欲しいところです(^_^)









 
posted by しげる at 10:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬基礎研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

左肩の跛行 シゲルタンギュオ

8/13日 シゲルタンギュオの新馬戦でなんと

4Rの競走除外
11番シゲルタンギュオ号(池添 謙一騎手)は、
発走地点において下記疾病を発症し、競走除外となりました。

病名:左肩跛行

こんなことになってしまいました。
九州出身馬の一頭でして 残念なこととかっておりますが

さて 左肩跛行 ってなんだろってこといろいろ見てみました。

跛行【はこう】. 何らかの原因 で歩様に異常が見られる状態。
跛行【はこう】. 骨、腱、関節、筋肉、神経等の原因 により歩様が異常になる事。多い例は前肢を上げたり、あるいは前方に振り出すとき痛み を示す肩跛行

と 歩き方がおかしかったようですね
(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン

フレグモーネの影響でも残ってたんですかね・・・

で 馬の肩 
WS000093.JPG

ヒロムーンライト号に登場してもらいましたが
だいたいこのあたりのことをいってるんだと思います。

思ったよりも上部にあるんですね



シゲルタンギュオお大事に。
posted by しげる at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬基礎研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

シゲルタンギュオのフレグモーネ

 ワオさんにシゲルタンギュオがフレグモーネにかかったと 教えていただいて 残念がっているわけですが、


この フレグモーネについて調べてみました・・・。
思った以上に 大病かもしれません

まず 競馬用語辞典から抜粋
皮下結合組織の少ない部分に発した急性の化膿症である。病勢のテンポはごく速く、一夜のうちに肢が腫れあがってしまうこともある。手当の時機を失すると、いろいろの病気を併発し、競走馬として走れなくなることもあり、早期発見、早期治療が肝心である。】

・・・競走馬として走れなくなることもあり の下りがきになります

フレグモーネといえば
かの サンデーサイレンスが発症それが発端で
三回も手術をうけるも残念な結果になっていましたよね

うーん シゲルタンギュオ お大事に・・・。
posted by しげる at 10:54| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬基礎研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

ソラをつかう??(・_・?) 共同通信杯 反省会

 わかりました 

ソラを使う = レース中や調教中に、ふとしたことで馬の気が散り、走りに集中を欠くこと。

うわのそら の そら なんですって

(´ρ`)ヘー

アドマイヤムーンは抜け出しちゃうと 集中力を欠くという事ですか・・・。

いまさら わかったことですけどね


で 共同通信杯

ショウナンタキオン 展開的には良かったはず。田中騎手も言っている様にこのままだと
ちょいと次 買いたくはない キルトクール候補

勝った アドマイヤムーンは 扱いが難しそうなので 武騎手以外が乗ったら
これまたキルトクール候補

マッチレスバロー スタートがちぐはぐだったわりには最後に良い感じの末足 府中なら迷わず買いたい。 次も買って行きたい。

フサイチリシャールは・・・・保留。

 
posted by しげる at 00:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 競馬基礎研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

福永裕一騎手のテレビ番組を見て

 昨日の夜 チャンネル機をピポパポやっていたらNHK教育テレビに福永騎手が出ていました。最初からでは無かったのですが ちょいと見てみました。


 で 自分が興味を持った話は

@北橋調教師が福永騎手のデビュー時にいい馬を出走させないでっとっておいた話

Aあと、馬は調子がよくあれ悪くあれ出走せざるを得ないことがあること

この二つの話です。

まあ、なんとなくあっておかしい話ではないですし、
当然当たり前の話でもあるんですんが 騎手本人から話しが出ると、さらに納得しました。


@の話については
新人騎手がデビュー時または最初の時期は
騎手のプロフィールに気をつけたほうがいいってことですよね、
結構二世ジョッキーが多く見られるってことは、
その関係で とっておきの馬が回ってくるかもしれないって事ですよね

Aの話。
これはどのレースがその ただ出走しているレースの判別はなかなか難しいです。
それこそ、調教タイムとかをジーっと見ないといけないのですかね・・・
競走馬は経済動物っていう話を頭に入れときましょう


実は一人の現役騎手を取り上げている番組は初見だったので
それなりに 面白く見させていただきました。
posted by しげる at 12:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬基礎研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

競馬のハンデキャップ

 ハンデキャップについて 根本的に知りたくなったら ここをみてみようと思う



ChameLeonさん


難しそうなので φ(・・。)ゞ メモ。
posted by しげる at 02:08| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬基礎研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月22日

恐らくキングカメハメハの傷めた場所はここ。右前浅屈腱炎

 キングカメハメハの右前浅屈腱炎はショッキングなニュース。実際どこを傷めたのかJRAの前肢の図とNHKマイルのときに撮った写真を見比べて見ました。このあたりじゃないかなあ・・・。φ(・・。)ゞ ウーン


キングカメハメハ


恐らくこのあたりではないのかと。 間違っていたら、ご指摘くださいm(._.)m



JRA 前肢、後肢の筋肉と腱 参照。




屈腱炎とは、競走馬の屈腱(競走馬の膝(ひざ)の下の後ろに位置してる浅屈腱と深屈腱の総称)において、この部分の腱繊維が破断することによって炎症が起こる運動器病のことです。発症すると治療が困難で、初期の段階で異常を検知することが重要だと考えられている。


宮本先生より引用


とにもかくにも「屈腱炎」に対する知識が知ったかぶりではしょうがない。
\(--;)オイオイ シッタカブリカ!
競馬ベテランBLOG屋さんたちは、ローテーションのこと、調教師のこと、
今週末の菊花賞の展望で話題がいっぱいでした。
私はそのレベルに至っていません。
今回はキングカメハメハ先生に勉強させていただいた始末であります。

写真はNHKマイル時にシゲルドントイケを撮りに行ったときの写真。
いやあ へたくそです。 あのときのキングカメハメハ感想は、キングカメハメハって
でっけーな、どっしりと落ち着いたもんだなあ。というしょぼいものでした

でかすぎる という根拠に見事キルトクールだった気がします。

ダンツフレームも怪我を乗り越えている流れに乗って
キングカメハメハも良くなって欲しいものです。
(゚゚)(。。)(゚゚)(。。)ウンウン



怪我の部位が間違っていると恥ずかしいので
キングカメハメハを話題にしていた
競馬BLOG屋さんたちにトラックバック。
posted by しげる at 02:19| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(5) | 競馬基礎研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月03日

セリ市 について調べた事

 北海道では2004年8月2日〜5日開催でサマーセールなるものが行われているようですが あまり良く知らないので調べることにしました

((O_O)))) )  )・・・・検索、検索


夏場に行われる セリ市 らしいのですが

どうやら出馬表で見かける

(市)

に深く関係しているようです。

競馬用語的には
「市場取引馬」 ということになります。


市場、セリ市で取引された馬のこと。
競馬新聞の馬柱に○に市のマークで示される。
通常、競走馬は生産者から馬主へ直に売却される(庭先取引)ことが多い。有力馬・良血馬は庭先取引で取り引きされることが多いので、市場取引馬には「売れ残り」イメージが常に付きまとう。
マルイチともよばれる。


と 競馬用語サイトのみなさま勉強させて頂きましたm(__)m
JRAの用語辞典にないのは いがいだったです。

「売れ残り」:ここが気になるところなんですが
・・・「1997年に1000万円で落札されたテイエムオペラオーはその後18億も稼ぐこととなった。」 
そうです そんな事はないのです!!
このイメージを振り払う活躍を見せて欲しいですね。
お高い馬だけが競馬ではないですもんねー。
ドラマをみせてちょーだい。(^。^)


面白いのは
市場取引馬奨励賞(JRA)

北海道市場で購買された馬が、JRAにて(市)市場取引馬として登録され、JRA主催の競走に出走した場合、下記の通り「市場取引馬奨励賞」が馬主に交付されます。

日高軽種馬協同組合HP

(市)のみが出走できる競走っていうのもあるみたいです。


と 調べたところではこんな感じでした。 
また一つ勉強になりました。

★何か抜けている事があったら 教えてくださいねm(__)m




ちなみに・・・_・)ソォーッ
サマーセールサラブレッド1歳 初日(8月 2日開催)
落札結果

森中 蕃社長のお名前発見!
牡 栗 2003/04/24 父キンググローリアス 母ヤーチャイカ3,675千円
牡 栗 2003/05/11 父キャプテンスティーヴ 母アサクサメヌエット 4,725千円

_・)ソォーッ
ということは来年以降もシゲル馬で楽しむ事が出来るってことですね!
社長さん ありがとうございます(*^_^*) 
すてきな馬をスカウトして来てくださいね(*^_^*)(*^_^*)

荒尾競馬のおまけ情報


続きを読む
posted by しげる at 02:49| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬基礎研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。